【自宅・家庭用NASの道】Synology 外付けUSB HDDバックアップ

【自宅・家庭用NASの道】Synology 外付けUSB HDDバックアップ アイキャッチ画像

自宅・家庭用のNASを購入するのに、どの製品がベストなのか悩みますよね。
損も失敗もしたくない人の参考になればと思い、いろいろな角度から導入・運用について、仕事でもNASの導入を行っているITインフラエンジニアのかかしが解説します。

こんにちは、かかしです。

バックアップ先はクラウドも利用できますが、今回はSynology NASの外付けUSBのハードディスク(HDD)のバックアップ方法を解説します。

バックアップは必要で重要なのはわかりますが手動でコピーは面倒くさい。

そうですよね。

スケジュールされた自動バックアップがしたいけど、設定は難しそう。

そこはSynology NASの出番です。

NASはHDD2本のRAID1なので、バックアップは必要ないとおもわれている人も大勢いますが
その認識は「誤り」です。

以下の障害には対応ができません。

・操作ミスで、家族がデータを消してしまった。
  数日前ならスナップショットで戻せる可能はありますが、数か月まえの操作はムリです。
・ウイルス感染した。
・ランサムウェアで共有フォルダが暗号化されてしまった。
・RAID構成のHDDが複数故障してしまった。

家は会社じゃないし、重要データはないから「問題ない」と聞くこともありますが
家族の大切な写真が失われていいのですか?
いいわけなのです。だからバックアップは必要です。

そこはSynology NASの多彩なバックアップの出番です。
今回は外付けUSBのハードディスク(HDD)にバックアップするソフトウェアパッケージ「Hyper Backup」の出番です。

Hyper Backup
フォルダー、システム設定、ソフトウェアパッケージをSynology NASから多様なバックアップ先へバックアップしながら圧縮と重複排除によって領域を節約します

  • 重複排除(重複しているデータは削除して、ハードディスク(HDD)の消費を最小限にします。)
  • 暗号化と圧縮
  • 利用統計
  • 整合性チェック(データ破損を定期的にチェック)
  • バックアップの一時停止と再開
あわせて読みたい
Hyper Backup | Synology Inc. Hyper Backup は、データをバックアップし、それを簡単に表示、ダウンロード、復元が可能な独自のデータベースに保持します。
目次

外付けUSBのハードディスク(HDD)の接続と準備

今までパソコン用バックアップに利用していた古い外付けUSB接続のハードディスク(HDD)250GBを活用しました。

外付けUSB接続のハードディスク(HDD)
外付けUSB接続のハードディスク(HDD)

外付けUSB接続のハードディスク(HDD)は、NASの後ろ側のUSBポートに接続します。

NASのUSB接続先(後ろ側)
NASのUSB接続先(後ろ側)
HDDを接続した写真
HDDを接続した写真

外付けUSBのハードディスク(HDD)のフォーマット

「コントロールパネル」をクリックします。

デスクトップ画面
デスクトップ 画面

外部デバイスの外付けUSBのハードディスク(HDD)の認識を確認します。
「コントロールパネル」→「外部デバイス」をクリック。

コントロールパネル画面
コントロールパネル画面

以前、Windowsで利用していたので、ファイルシステムの形式は「ntfs」でパーティションは3つあります。
外付けUSBのハードディスク(HDD)内のデータは必要ないのでフォーマットします。

外部デバイス画面
外部デバイス画面

「フォーマット」をクリックします。

外部デバイス画面
外部デバイス画面

フォーマットオプションは「全ディスク」、ファイルシステムの形式は「EXT4」を選択し、「OK」をクリックします。
ファイルシステムの形式の「FAT32」はレガシーなファイルシステムですので、Linuxで利用されている「EXT4」を選択するのがベストです。
Synology NASのOS(DSM)はLinux Ubuntuベースです。

@IT
ファイルシステムを意識しよう ハードディスク、あるいはブロックストレージと呼ばれるものにファイルシステムを適用することで、データの保存や整理、利用が可能になる。ではファイルシステムとは何か?...
フォーマット USB Disk1画面
フォーマット USB Disk1画面

警告:ディスクをフォーマットすると、“USB Disk 1”のすべてのデータが削除されます。続行しますか?

警告画面が表示されますので、「はい」をクリックします。

フォーマット USB Disk1画面
フォーマット USB Disk1画面

フォーマットが完了すると、共有フォルダ(usbshare1)のファイルシステム形式(ext4)のUSB Disk 1が作成されました。

フォーマット USB Disk1画面
フォーマット USB Disk1画面

【重要】最後に「外部デバイスの設定」にてアクセス権を設定します。
外付けUSB接続のハードディスク(HDD)内は共有フォルダ(usbshare1)ですので、システム管理者のみ「読み取り/書き込み」を設定しアクセス制限します。
システム管理者の「読み取り/書き込み」のみをチェックして、「OK」をクリックします。

外部デバイスの設定 画面

「詳細」タブをクリックすると、USBポートの使用を禁止することもできます。
このような細かいところが、さすがSynologyです。

外部デバイスの設定 詳細 画面
外部デバイスの設定 詳細 画面

これでバックアップ先の準備が完了しました。

パッケージ「Hyper Backup」のインストール

パッケージセンターをクリックします。

デスクトップ 画面
デスクトップ 画面

パッケージはいっぱいあるので、見つけるのが難しいのです。
そこで検索します。

パッケージセンター 画面
パッケージセンター 画面

「バックアップ」と入力しエンターで検索します。

パッケージセンター 画面
パッケージセンター 画面

「Hyper Backup」の「インストール」をクリックします。

パッケージセンター 画面
パッケージセンター 画面

インストール完了後、パッケージのアイコンはどこから選択しればいいのかと私も探しました。
そうゆうときは「スタートアップ」をクリックします。

デスクトップ 画面
デスクトップ 画面

デスクトップ画面にアイコンを作成するには、「デスクトップに追加」をクリックします。

スタートアップ 画面
スタートアップ 画面

「Hyper Backup」のバックアップ設定

「Hyper Backup」をクリックします。

バックアップ ウィザード デスクトップ 画面
バックアップ ウィザード デスクトップ 画面

バックアップ先に「ローカルフォルダ&USB」をクリックします。

バックアップ ウィザード バックアップ先 画面
バックアップ ウィザード バックアップ先 画面

バックアップ先

バックアップ タスクの作成で、先ほど作成した外付けHDDの共有フォルダ「usbshare1」を選択し、「次へ」をクリックします。

バックアップ ウィザード バックアップ先 画面
バックアップ ウィザード バックアップ先 画面

データ バックアップ

ボリューム1の「homes」と「photo」を選択し、「次へ」をクリックします。
「homes」は各種データ、「photo」は写真が入っています。

バックアップ ウィザード データバックアップ 画面
バックアップ ウィザード データバックアップ 画面

アプリケーション バックアップ

すべてのアプリケーションを利用しているので、すべてを選択し「次へ」をクリックします。

バックアップ ウィザード アプリケーションバックアップ 画面

バックアップの設定

バックアップのスケジュールは、夜中にHDDの動作音が気になるので、日中のお昼に実行させます。

「バックアップスケジュールを有効にする」をチェック、実行時間を毎日12:05に設定し、データの整合性もチェックしたいので、「整合性チェックのスケジュールを有効化」もチェックして「次へ」をクリックします。

バックアップ ウィザード バックアップの設定 画面
バックアップ ウィザード バックアップの設定 画面

ローテーション設定

バックアップは複数保存させたいので、「バックアップ ローテーションを有効にする」をチェックして「維持するバージョンの最大化」は256で、「完了」をクリックします。
256日分のバックアップです。

バックアップ ウィザード ローテーション設定 画面
バックアップ ウィザード ローテーション設定 画面

今すぐバックアップするには、「はい」をクリックします。

バックアップ ウィザード ローテーション設定 画面
バックアップ ウィザード ローテーション設定 画面

バックアップ中… で完了です。

バックアップ中 画面
バックアップ中 画面

これで、毎日自動にバックアップしてくれます。

まとめ

Synology NASのデータバックアップは「Hyper Backup」を利用します。
バックアップはとても重要です。
昔、会社にてサーバのシステム障害にあったのですが、
バックアップテープからリストアーするとエラー、8本のテープが全てエラーで泣いた、にがい苦しい経験があります。
何十人に責められ、怒られたか。
なので、たまにはリストアテストも必要ですよ。
自宅のデータ・写真を失ったらとても悲しいですよね。

今回、利用したNASは Synology DiskStation DS220+ です。

この記事が、いささかなりともお役に立てれば幸いです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ITインフラ関連に携わるエンジニアのはしくれ、映画とウイスキーが大好きなアラフィフです。最近は韓ドラにはまっています。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる