【自宅・家庭用NASの道】Synology 転送速度比較 HDD vs SSD

【自宅・家庭用NASの道】Synology 転送速度比較 HDD VS SSD ロゴ

自宅・家庭用のNASを購入するのに、どの製品がベストなのか悩みますよね。
損も失敗もしたくない人の参考になればと思い、いろいろな角度から導入・運用について、仕事でもNASの導入を行っているITインフラエンジニアのかかしが解説します。

こんにちは、かかしです。
今回はNASに内蔵するストレージのハードディスクHDDとSSD、どちらを選べばいいのか迷うと思いますので、転送速度の比較について試してみました。

かかしは、現在Synology NAS にSSDを導入しています

SSDを選んでいる理由は2つ

  • ハードディスク(HDD)が回転する「音」が気になる。SSDはとても静か
  • SSDは転送速度が早い
目次

測定環境

NASはSynology DS220+ を利用

ストレージは3通り

  • ハードディスクHDD(NAS専用 2台)
  • SSD(NAS専用1台+PC用1台)
  • SSD(NAS専用2台)

転送速度の比較結果

基本的には搭載するストレージに対し、シーケンシャルアクセスよりもランダムアクセスが多く発生するので、ランダムアクセス性能を重要視します。

ランダムアクセス

ファイル容量の少ない写真などを多数読み書きするランダムでは、読み取り/書き込みの速度はHDDよりSSDが300%以上の速さです。

やはりSSDは早い。
そして、SSDは同一製品がベストです。
異なるメーカー・型式のSSDのRAID1構成は速度が低下します。

グラフ
転送速度比較グラフ
ランダムに読むスピード
MB/sec
ランダムに書くスピード
MB/sec
ハードディスクHDD(NAS専用2台)
・SEAGATE IronWolf
32.1129.51
SSD(NAS専用1台+PC用1台)
・WD RED
・Crucial MX500
89.887.85
SSD(NAS専用 2台)
・WD RED
115.2493.22

シーケンシャルアクセス

大きなファイル容量の読み書き速度はシーケンシャルアクセスの影響が大きいです。
シーケンシャルアクセスはHDD、SSDも大きな差はありません。

ランダムに読むスピード
MB/sec
ランダムに書くスピード
MB/sec
ハードディスクHDD(NAS専用 2台)
・SEAGATE IronWolf
116.92115.80
SSD(NAS専用1台+PC用1台)
・WD RED
・Crucial MX500
118.57117.31
SSD(NAS専用 2台)
・WD RED
118.58117.19

比較製品

ハードディスクHDD(NAS専用)2台

Seagate製 IronWolf 2TB 3.5インチ

型式ST2000VN004
回転数5900 rpm
キャッシュ64MB
保証期間3年
ハードディスクHDD(NAS専用)2台
Seagate製 IronWolf 2TB

SSD(NAS専用1台+PC用1台)

WesternDigital製 RED SA500 1TB 2.5インチ

型式WDS100T1R0A
SSD用途NAS用
SSDタイプ3D NAND
シーケンシャル読み取り最大(MB/s)560
シーケンシャル書き込み最大(MB/s)530
ランダム読み取り最大(IOPS)95,000
ランダム書き込み最大(IOPS)85,000
耐久性(TBW)600
メーカー保証期間5年

Micron製 MX500 1TB 2.5インチ

型式CT1000MX500SSD1
SSD用途PC用
SSDタイプ3D TLC NAND
シーケンシャル読み取り最大(MB/s)560
シーケンシャル書き込み最大(MB/s)510
ランダム読み取り最大(IOPS)95,000
ランダム書き込み最大(IOPS)90,000
耐久性(TBW)360
メーカー保証期間5年
SSD(NAS専用1台+PC用1台)
WD製 RED SA500 1TB / Micron製 MX500 1TB

SSD(NAS専用2台)

WesternDigital製 RED SA500 1TB 2.5インチ

型式WDS100T1R0A
SSD用途NAS用
SSDタイプ3D NAND
シーケンシャル読み取り最大(MB/s)560
シーケンシャル書き込み最大(MB/s)530
ランダム読み取り最大(IOPS)95,000
ランダム書き込み最大(IOPS)85,000
耐久性(TBW)600
メーカー保証期間5年
SSD(NAS専用2台)
WD製 RED SA500 1TB

CrystalDiskMarkの測定結果

CrystalDiskMarkの見方は、ドスパラさんサイトが参考になります。

CrystalDiskMark(クリスタルディスクマーク)のスコアの見方
CrystalDiskMarkスコアは、縦軸と横軸から成り立っています。
Read (MB/s)に4項目、Write (MB/s)に4項目、全部で8項目で速度を測れます。

ドスパラ CrystalDiskMark(クリスタルディスクマーク)の使い方、各項目、スコアの見方や設定方法についてご紹介

ハードディスクHDD(NAS専用 2台)の測定結果

赤枠はランダムアクセス

CrystalDiskMarkの測定結果
CrystalDiskMarkの測定結果

SSD(NAS専用1台+PC用1台)の測定結果

赤枠はランダムアクセス

CrystalDiskMarkの測定結果
CrystalDiskMarkの測定結果

SSD(NAS専用2台)の測定結果

赤枠はランダムアクセス

CrystalDiskMarkの測定結果
CrystalDiskMarkの測定結

まとめ

NASの転送速度は
ランダムで、HDDよりSSDが300%以上の速さです。

NASが遅いと感じている方は、ぜひSSDの交換をおすすめします。

Synology NAS なら、HDDからSSDの交換もすごく簡単ですよ。

この記事が、いささかなりともお役に立てれば幸いです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ITインフラ関連に携わるエンジニアのはしくれ、映画とウイスキーが大好きなアラフィフです。最近は韓ドラにはまっています。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる