ウイスキー

ジョニーウォーカー スペイサイド オリジン

2020年7月19日

ジョニーウォーカー ブラックラベル 12年 スペイサイド オリジン

大好きな映画「ブレードランナー」で飲まれている「ジョニーウォーカー 」

学生時代は「ジョニクロ」といったら高級品でした。

今はお財布に優しい価格で、最近の話題では「ジョニー・ウォーカー」が近い将来、環境に優しい紙素材のボトルなるとニュースになりました。

時代を物語っています。

今回のジョニーウォーカー スペイサイド オリジンは「ブラックラベル12年」の限定商品です。2020年 4月 28日にキリンから発売されています。

ジョニーウォーカー ブラックラベル 12年 スペイサイド オリジン パッケージ

数量限定でこのコストパフォーマンスは買いです。

スコットランドのモルトウイスキー蒸溜所が集まる主要4地域別にオリジンシリーズとしてリリースされます。

  • SPEYSIDE スペイサイド
  • HIGHLANDS ハイランド
  • LOWLANDS ローランド
  • ISLAY アイラ

今回4つなのでアイランズはありません。

パッケージの側面に「SPEYSIDE スペサイド」「ORCHARD FRUIT 果樹園の果物」と
書かれています。

パッケージの側面

スペイサイドらしいフルーティーな味わいを愉しめるブレンデッドを強調しています。
ジョニーウォーカーらしいスモーキーな感じがありませんので、女性にもおすすめ。

スペイサイド地方のモルトウイスキーである、
「カーデュ」や「グレンダラン」などを中心にブレンドしされています。

原酒

スペイサイド地方のモルトウイスキーである
「カーデュ」や「グレンダラン」などを中心にブレンドしされています。
「カーデュ」や「グレンダラン」はディアジオ社所有の蒸留所です。

カーデュ蒸留所地図

グレンダラン蒸留所地図

ディアジオ社

ディアジオ社(Diageo)は、世界最大の酒造企業、ギネス社とグランドメトロポリタン社の合併により1997年に誕生。
本社所在地はロンドンにあり、社員数も2万人以上の大所帯。
蒸留所
クライヌリッシュ、ロイヤルロッホナガー、グレンキンチー、モートラック、クラガンモア、カリラ、ラガヴーリン、他多数
ブレンデッドウイスキー
ジョニーウォーカー、J&B、オールド・パー、ホワイトホース、ベル、ブラック & ホワイト
他にも
バーボンウイスキー「I.W.ハーパー」、ジン「タンカレー」、ビール「ギネス」、ウォッカ「スミノフ」、ラム「キャプテン・モルガン」、他多数

ボトルに描かれている絵

ボトル正面下に描かれている紳士の絵は「ストライディングマン」
描いたのは当時の有名な人気漫画家のトム・ブラウン。
「ストライディングマン」は、時代とともに二度の刷新を行い今もなお愛されているキャラクターです。
映画「キングスマン」の杖をもった紳士を思い出します。

ストライディングマン

ジョニーウォーカー ブラックラベル 12年 スペイサイド オリジン

原材料名:モルト(ブレンデッドモルト)

アルコール分:42度

熟成年数:12年以上

内容量:700ml

原産国名:スコットランド

輸入者及取扱先:麒麟麦酒株式会社

テイスティング

香り
フルーツの若々しい香り。
ジョニーウォーカーのスモーキーさをあまり感じません。

味わい
スッキリした甘さにバニラ感を感じる。

フィニッシュ
スッキリとした後味、とても飲みやすい。

ストレートに水割りが美味しい。

 


 

ジョニー・ウォーカーが紙のボトルへ

ジョニー・ウォーカーは、2021年の春から新たに紙製ボトルを導入すると発表しました。

デザインは素敵ですが、魅力的なウイスキーの琥珀色が見えないのは残念。

https://news.yahoo.co.jp/articles/6879370c3b80e9818af139c3a23d62ad73b8dfa5

 

https://news.yahoo.co.jp/articles/96d81bcdbc4e17a070937df67653c41a5667c7f6

 

他の3地域のオリジンも飲んでみたい。

-ウイスキー
-,

© 2021 かかしログ